「施工計画、施工設備及び積算」は、11年度まで計15問から2問を選ぶ形式が続いていました。12年度はこれまでほとんど出題されたことがなかった騒音の問題が加わり、計16問に増えています。この問題を除けば出題分野は従来とほとんど同じで、出題文の長さも例年と大きく変わっていません。

ここからは有料会員の登録が必要です。