技術的体験論文(以下、経験論文)の出題傾向は2007年度以降、変わっていません。総合技術監理部門の場合、経験論文は現時点の立場にできるだけ近い業務を選び、自分の立場で記述する必要があります。受験者の立場は多様で、すべての立場の書き方を紹介するのは難しいので、「担当者」、「部課長(中間管理職)」、「経営者」の3者の立場での論文例をそれぞれ取り上げます。

ここからは有料会員の登録が必要です。