前半のI―1は基礎的な専門知識を問うものです。2011年度はその傾向が顕著で、最低限の基礎知識や専門知識をオーソドックスに尋ねています。トンネルの分野に関する基本中の基本に当たる知識を確かめる傾向に変わってきています。

ここからは有料会員の登録が必要です。