「建設環境」ではAグループとBグループからそれぞれ1問を選択する方式が採られています。基本的な考え方として、Aグループでは環境施策の最新事項に対する基礎知識を問い、Bグループでは個別の環境要素を対象としたより高い専門性を問う設問となっています。

ここからは有料会員の登録が必要です。