「施工計画、施工設備及び積算」では、15問から2問を選択する出題が続いています。2008年度からは各問1枚程度または各問1.5枚程度などのように、記述量が指定される傾向にあります。

ここからは有料会員の登録が必要です。