2006年度まで、「トンネル」では複数の問題から2問を選んで解答する形が採られていました。さらに、山岳工法、シールド工法、開削工法の三つの工法から選択できる出題となっており、これらの出題比率は試験制度の改正後もあまり変わっていません。

ここからは有料会員の登録が必要です。