「都市及び地方計画」では2006年度まで、複数の問題から2問を選択して解答する方式を採っていました。分野は中心市街地活性化、環境計画、交通計画、都市開発などに分かれていますが、この分野の比率は試験制度の改正後も大きくは変わらないようです。つまり、「都市及び地方計画」の過去の問題を分析すれば出題範囲を大まかに予測できます。過去の問題から予測される出題範囲のうち、自分の専門に近い分野を中心に知識と応用例を体系的に覚えておけばよいでしょう。

ここからは有料会員の登録が必要です。