「鋼構造及びコンクリート」のうち、「コンクリート」の問題を掲載します。コンクリートは、Cグループから1問題とDグループから1問題の合計2問題を選択する方式が採られています。Cグループは、材料や劣化メカニズムなどコンクリートの特性が主となり、Dグループは、耐震性能や構造形式など構造物が主となった設問になっています。

 さらに、「コンクリート」でも材料、配合設計を含めた設計、施工、維持管理など分野が分かれています。この分野の比率は大きく変わりませんので、過去の問題を分析すれば出題範囲を大まかに予測できます。過去の問題から予測される出題範囲のうち、自分の専門に近い分野を中心に知識と応用例を体系的に覚えておけばよいでしょう。

 一方、コンクリートの中でも、例えば中性化の原理など、工学的な内容の記述は時代によって変わるわけではありません。過去の論文例が参考になるでしょう。

Cグループ11問

 マスコンクリートの温度ひび割れを防止するための材料、配合および設計・施工上の留意点を述べよ。


Cグループ12問

 コンクリートの単位水量の管理について、コンクリートの製造段階および施工段階における技術的問題点と今後のあるべき姿について述べよ。


Cグループ13問

 鉄筋コンクリート構造物における鉄筋の加工・組み立ておよび継ぎ手に関する問題点を三つ挙げ、その解決策についてあなたの意見を述べよ。


Cグループ14問

 アルカリ骨材反応の発生メカニズムを概説し、建設時における対策および発生後の診断・維持管理に関する技術的留意点について述べよ。

ここからは有料会員の登録が必要です。