「土質及び基礎」は毎年10問程度出題され、そのうちの2問を選択するパターンです。出題範囲は大きくは変わりませんので、過去の問題を分析すれば出題は予測できます。「土質及び基礎」のように広い分野をカバーしていると、そのすべてに対して勉強するのは不可能です。したがって、過去の問題から予測される出題範囲のうち、自分の専門に近い分野を中心に知識と応用例を体系的に覚えておけばよいでしょう。

ここからは有料会員の登録が必要です。