下村博文文部科学相は5月18日、新国立競技場の開閉式屋根の建設を先送りする方針を示し、東京都に整備費の一部となる500億円超を負担するように求めた。国と都が対立するなか、民間企業からは従来計画の半額で競技場を整備する案が提案されていた。

ここからは有料会員の登録が必要です。