2014年11月22日に発生した長野県北部地震で建物の被害が多数生じた小谷村と白馬村は、応急危険度判定で危険や要注意と判定された建物を、これまでにない手法で解体から救った。小谷村と白馬村を支援した建物修復支援ネットワークの長谷川順一代表が、2つの村の取り組みで注目すべき点と被災建物を豪雪から守る方法をつづった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら