非住宅建築物に関する改正省エネルギー基準(13年基準)が完全施行となり、約1カ月が過ぎた。非住宅建築物の改正省エネ基準は13年4月に施行され、1年の経過措置があったが、14年3月末に経過措置が終了した。現在、非住宅建築物についてはすべて13年基準を用いて申請書を作成しなければならない。新基準に対応したツールの1つである「The BEST Program(BEST)」の開発に携わった日建設計総合研究所の野原文男所長は、「いよいよ本物の省エネを推進できるチャンス」と意気込む。

ここからは有料会員の登録が必要です。