公共施設づくりに、地域住民を巻き込む取り組みを建築家の藤村龍至氏、工藤和美氏らが進めている。単純に意向を汲み取るワークショップではなく、建築学科の学生を動員し、段階的に大量の建築模型をつくりながら、多様な選択肢のなかから案を絞り込んでいく点が特徴だ。実施プロジェクトに適用する試みが、完成を控えている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら