東京大学大学院建築学専攻は4月1日、新しい発想の材料や構造などを持続可能な建築や都市に生かすための研究プラットフォーム「サスティナブルプロトタイピングラボ(SPL)」を開設する。隈研吾教授、千葉学准教授、小渕祐介特任准教授の研究室を中心に活動を進める。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら