国土交通省国土技術政策総合研究所(国総研)と建築研究所、早稲田大学など7者は2月22日、木造3階建ての学校の実大火災実験を、国総研の実験場で実施した。試験体は建築面積約830m2、延べ面積約2260m2の建物で、1時間準耐火構造の仕様で設計・施工した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!