2011年度の新築住宅着工戸数は東日本大震災の影響で11万5280戸減るという予測を、不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ(東京都千代田区)が2011年4月13日に明らかにした。同社シニアコンサルタントの松沢博さんによると、11年度の新築住宅着工戸数の予測は震災前には89万9200戸、現時点では12.8%少ない78万3920戸だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。