ヒラタキクイムシの食害を巡って、住宅のつくり手にとって厳しい内容の判決が出た。最高裁判所が上告の不受理を決めたことで2010年12月3日に確定した。食害のあった床材の張り替え工事費に相当する損害賠償を、住宅の建て主に支払うよう工務店に命令する判決だ。賠償額は約250万円に上る。

ここからは有料会員の登録が必要です。