東京都は5月18日、子育てに配慮した住宅の計画や設計の参考となる手法や事例などをまとめた住宅ガイドブックを発表した。安心して子どもを産み育てられるすまい作りを目指し、妊娠中の母親の動作にも配慮している。48項目の指針とその考え方、参考になる事例や関連する基準を示す。

ここからは有料会員の登録が必要です。