国土交通大臣は9月1日、社会資本整備審議会(以下、社整審)に対して2つの諮問書を提出した。安全で質の高い建築物の整備を進めるための建築行政のあり方を問うものと、中長期の視点に立った住宅や建築物の環境対策のあり方について意見を求めたものだ。社整審は同日、2つの諮問を社整審建築分科会に付託した。

ここからは有料会員の登録が必要です。