8月1日から9月12日まで、第2回の提案公募をしている「超長期住宅先導的モデル事業」。「200年住宅コンペ」ともいえるこの事業。第1回の採択案は603件中40件にとどまった。合否の分かれ目はどこにあったのか。評価委員会の一員として審査に携わった東京大学の松村秀一教授に聞いた。

ここからは有料会員の登録が必要です。