成形板に含まれるアスベストには、どの程度の危険性があるのか――。東京労働安全衛生センターと中皮腫・じん肺・アスベストセンターに所属する労働衛生コンサルタントの外山尚紀氏が、26年間使用した屋根用化粧スレートの表面の塗装を塗り替える際の高圧洗浄に着目し、アスベスト気中濃度を測定した。その結果、作業者の位置では平均43.4本/l、2m離れた位置でも平均11.6本/lと、環境省が定める隣地境界線上の基準値10本/lを上回った。洗浄水からもアスベスト(クリソタイル)が検出された。

ここからは有料会員の登録が必要です。