高断熱・高気密に取り組む設計事務所や工務店が増えています。そんな状況下でもパッシブデザインの視点が抜けがちなことを、松尾設計室の松尾和也さんはこれまでの連載で伝えてきました。今回は、なかでも特に見逃しやすい設備としてレンジフードを取り上げます。

ここからは有料会員の登録が必要です。