第1種低層住居専用地域で、飲食施設や大規模な駐車場を備えた「スーパー銭湯」が計画された。事業主に対し、裁判所は近隣住民の訴えにより建築差し止めの決定を下した。公衆浴場の一種なので建築基準法上、同地域に建築できるが、広範囲からの集客を目的とする点で同法の趣旨に反しているとされた。駐車場の騒音被害も重視された。

ここからは有料会員の登録が必要です。