閉じる

編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ

日経ホームビルダー

目次

  • 大手が熊本地震対策をアピール開始、中小はどうする

    大手ハウスメーカーが新聞広告で、繰り返しの大地震でも耐震性能を維持すると打ち出しています。中小工務店はどうするか。日経ホームビルダー8月号では、住まい手や実務者1146人を対象にしたアンケート調査で、熊本地震後の地震対策を探りました。日経ホームビルダー

  • “新耐震”住宅に潜む二つのリスク

    熊本地震は、木造戸建て住宅に大きな被害をもたらしました。被害状況を取材する中で分かってきたのは、新築も既築も現在の耐震対策ではリスクを抱えているということです。日経ホームビルダー7月号の二つの特集で詳しく解説します。日経ホームビルダー

  • 「ホールダウン破断」が木造住宅に突き付けた課題

    日経ホームビルダーは、熊本地震の被害をリアルに把握するため、熊本県益城町のある地区について、住宅被害の状況を踏査する独自調査を実施しました。本誌6月号は、予定していた二大特集を「特報 熊本大地震」に差し替えてお届けします。日経ホームビルダー

  • 乱用気味の“インスペクション”をひもとく

    「インスペクション」という言葉を、いろいろな場面で耳にします。新築でも既築でも登場して、ちょっと“乱用”気味かもしれません。こんな現状を、分かりやすくひもときたいということで、日経ホームビルダー5月号では特集「インスペクションとの付き合い方」を企画しました。日経ホームビルダー

  • 中小に有利!ニッチな需要の掘り起こし策

    日経ホームビルダーの3号連続総力特集「消費再増税を好機に」は、4月号がクライマックスです。今号の特集「次の住宅市場を切り拓く」では、消費増税後の冷え込みのなかで生き残るための戦略を探りました。消費税率の引き上げが実施されるかは不透明ですが、新築住宅の着工数は右肩下がり。次なる市場の開拓は、避けて通れ…日経ホームビルダー

  • 新築住宅の駆け込み需要はやっぱり起こる

    日経ホームビルダー2016年3月号の特集は、3号連続総力特集「消費再増税を好機に」の第2弾、「500人に聞いた あなたの建てどきはいつ?」です。住宅取得を予定している見込み客500人に調査をしました。その結果、消費税率の引き上げを受けて、契約時期の前倒しにする駆け込み需要の発生は、やはり起こりそうで…日経ホームビルダー

  • 経営と技術を磨く二大特集

    新年おめでとうございます。日経ホームビルダー編集長の桑原です。ケンプラッツの建築・住宅面が昨年末、日経アーキテクチュアの新しいウェブサイトに生まれ変わりました。日経ホームビルダーは、この新しいウェブサイトを日経アーキテクチュアと連携して運営します。雑誌との連動性を高めながら、工務店や設計事務所といっ…日経ホームビルダー

  • 大転換する住宅市場に挑む

    住宅市場の大転換を踏まえ、新築に続く次の一手として注目したいのは、リフォームをはじめとするストックビジネスの需要です。そこで日経ホームビルダーは、住宅関連企業が自社の営業エリアの実情を把握し、地域マーケットに応じた将来像と戦略を描くためのバイブルとなることを目指す「住宅ストック市場年鑑2014」を新…日経ホームビルダー

  • いまどき元気な住宅会社の共通点は?

    毎年恒例の住宅会社全国調査と、巻頭で紹介している緊急読者調査「経営者361人の本音」を重ね合わせると、逆風下で元気な住宅会社の共通点が浮かび上がってきます。それは例えば以下の4点です。日経ホームビルダー

  • リフォーム市場を攻めるには

    今年の住宅市場はどうなるのだろう? これを把握するため、日経ホームビルダーの読者を主対象に経営環境の調査を実施しています。現在、361社からいただいた回答を集計しており、戸建て住宅の市況では、「新築」より「リフォーム」のほうが、相対的に明るいという結果が出そうです。日経ホームビルダー

  • ホームビルダー流の「営業に役立つ情報」

    「営業に役立つ情報がほしい」――最近、多くの読者から寄せられる切実な声です。新築やリフォームの需要が冷え込むなかで、いかに顧客に振り向いてもらい、次の仕事につなげるかは、家づくりの実務者にとって会社の経営を左右する大きな課題となっています。日経ホームビルダー

  • 建て主787人、読者347人の調査で見えた「エコ設備の実力」

    リフォーム需要について、本誌調査で意外と思えるような「高いニーズ」が明らかになりました。調査をしたリフォーム経験者の77.4%が、「近いうちに光熱費を下げるための断熱改修を実施したい」と考えていたのです。これは568人に意向を尋ねた結果です。断熱改修は消費者の「環境意識」と「光熱費の削減」の両面を満…日経ホームビルダー

  • わからないことは、現場でやってみる

    住宅向けの新製品が次々に登場します。例えば家の構造を支える接合補強金物。工夫を凝らした様々な「オリジナル金物」があります。カタログ上は同じ性能ですが、形状や価格は微妙に異なる。技術の進歩は歓迎すべきことですが、実務者にとっては、何を指標にどう選べばいいのか、分かりにくいことも多いものです。日経ホームビルダー

  • 見えないだけに後が怖い断熱施工

    朝夕はめっきり冷え込むようになりました。日経ホームビルダー11月号の特集は「断熱施工」です。以前、工務店の経営者に、断熱施工の失敗で会社が倒産の危機に直面したという生々しい話を聞いて以来、気になっているテーマです。最近も、90年代後半に建設された初期の高気密工断熱住宅が築10年近くなり、これからトラ…日経ホームビルダー

  • ゲリラ豪雨に台風――「雨漏り」の常識が変わる

     今朝、テレビを付けたら、台風13号の影響で九州の一部では明朝までに250mmを超える降雨が見込まれるという予報が流れてきました。地盤災害や浸水などの事故が心配だと思いながら画面をながめていると、気象予報士の話を受けたキャスターが、「ゲリラ豪雨に台風、今年はまさに水難ですね」とコメントをしていました…日経ホームビルダー

  • 長寿命住宅の“反面教師”

     住宅雑誌をつくる仕事をしていると、建て主に会う機会が多くあります。そうした経験のなかで感じるのは、建て主の大半が共通して家に望む事柄が、3つあるということです。一つめは「大地震が来ても壊れない」こと。二つめは、光熱費などの「維持費ができるだけかからない」こと。三つめは「長もちする」ことです。日経ホ…日経ホームビルダー

  • 仕事の相手が「話の通じない人」だった。さあ、どうする…

     他人を「話の通じない人」だと安易に決めつけることは嫌いです。が、「話の通じない建て主に困らされた」と感じたことのある設計者、施工者はきっと多いのではないでしょうか。「予算をオーバーしたので仕様を変更して着工したが、完成直前に『やっぱり元の仕様に戻してほしい』と言われて戻した。追加工事になると説明を…日経ホームビルダー

  • 住宅の寿命を縮めない方法

     国土交通省が進めている超長期住宅、いわゆる200年住宅の先導的モデル事業で、初回の採択案が発表になるのは7月上旬、もうすぐです。すでに公表されている応募状況を見ると、今回の応募数は600余り。そのうち「新築」部門が8割以上を占めるのに対して、「既存改修」部門は29件。新築住宅の長寿命化にも意義はあ…日経ホームビルダー

  • 木造住宅の崩壊死亡事故はどのように起きたのか

     4月16日付のケンプラッツ記事「施工中のジャッキアップで木造住宅崩壊、作業員1人が死亡」に対して、多くの読者から驚きのコメントが次々に寄せられました。「ありえない倒壊だ」「とても信じられない」――。まだ壁も張っていない工事中の軸組み、ましてや耐震性の強さを売りにしている松下電工の「テクノストラクチ…日経ホームビルダー

  • 「家を建てて200万円もらおう」キャンペーン開始?

     このタイトルを見て、本当にそんなキャンペーンがあるのかと早とちりした人がいるかもしれません。国土交通省の「超長期住宅先導的モデル事業」提案募集のことです。住宅の新築、改修などの際に、住宅の長寿命化に寄与する工夫を取り入れたものに対して、最高200万円の補助金を出すという制度です。第1回の募集が4月…日経ホームビルダー

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る