システム導入のための意思決定サイト

Success:働きやすさ

新着記事

A

Success:働きやすさ

IT担当者のための 厳選文具整理術

第57回 細かい修正に最適!知っておきたい「修正文具」

今回は、さまざまな修正に対応してくれる修正テープや修正ボールペン、修正液の紹介です。手帳などの細かい文字の修正をすることがある人は必見です。気になるものがあれば、ぜひ試してみてください。

A

Success:働きやすさ

塩田紳二「モバイルトレンド」

使いにくいデジカメ、スマホ連携の憂鬱

 スマートフォンの隆盛を前に、いずれ消え去ると思われたコンパクトデジタルカメラ。実は2016年から2017年にかけて、出荷量が回復基調にあります。なぜならこの辺りから、コンパクトデジカメのスマートフォン連携機能が“まとも”になってきたからで...

A

Success:働きやすさ

5分でわかる!ビジネスメール

答えを引き出すコツ。曖昧な返事がきたらどうする?

「質問に答えていないメール」について所長へ質問を続ける直井研究員。質問や問い合わせに答えてもらうための注意点やコツ、意図的に答えない相手への対処法について話は広がります。

A

Success:働きやすさ

IT担当者のための 厳選文具整理術

第56回 個性的な魅力のラインナップ「ビレッジバンガード文具」

 文具に限らず、雑貨や本など、魅力的なものを多く取り扱っているビレッジバンガード。「いままで世の中になかった独創的な空間」を提供し、新しい文化を創造することをミッションとしているだけあって、見ているだけでも楽しくなる店づくりをしています。今...

A

Success:働きやすさ

5分でわかる!ビジネスメール

無視されている?イジメ!?メールで質問に答えてもらえない

読者からの相談をきっかけに、平野所長と直井研究員は「質問に答えていないメール」について話し合っています。質問や問い合わせに回答しないのは、回答漏れがあるのは、なぜなのか?見落としているのか、後回しにしているのか、無視しているのか、いじわるし...

>> もっと見る

連載一覧

 残業禁止のかけ声ばかりが横行する“働き方改革”に振り回されていてはもったいない。システムエンジニアらしい工夫を盛り込み、働き方改革を自分たちで推進する現場に迫った。

 パソコンを使った日本語入力には意外と多くのコツがある。やり方次第で使いやすくなるし、知っておけば役立つテクニックが数多くある。日本語入力をさらに便利に、楽に使う方法を紹介する。

 ディスプレイはデスクトップパソコンだけで使うものではない。ノートパソコンにつなぐ使い方も一般的になってきた。大型ワイドディスプレイやモバイルディスプレイ、高解像度の4Kディスプレイを使いこなすのも、今流だ。新スタイルのディスプレイ活用を考えつつ、スペックの読み解き方や選び方を解説する。

 表計算ソフトのMicrosoft Excelを方眼紙に見立ててワープロのように使う「Excel方眼紙」。その是非を問う「Excel方眼紙公開討論会」が2017年9月30日に開かれた。示唆に富む討論会の模様から、Excel方眼紙が象徴するITの現実を解く。

 “ブチ切れる”リーダーが居ると、チームにはイライラした雰囲気が漂う。怒りをコントロールするスキル「アンガーマネジメント」を使って、リーダーが率先して変わろう。

 業務効率化や時短が叫ばれる現在、会議や打ち合わせをいかに効率良くこなすかは重要なテーマだ。PCと周辺機器を活用することで、会議の記録をしっかり残し、最新版の資料を即座に配布することができる。本特集では、ITを駆使した会議のポイントを紹介する。

 「働き方改革」は、残業時間短縮や生産性改善に注目が集まりがちだが、ITの職場では心を病むケースも要注意だ。リーダーが実践する、チームを活気づける仕組みに迫る。

 マイクロソフトの「Office 365」は、ローカル版のOfficeとクラウドサービスを組み合わせた巨大サービスだ。それだけに企業ユーザーが一見しただけでは奇妙に感じる仕様が残っている。Officeスイートの延長線上で使い始めたユーザーにはめまぐるしく変わるクラウドならではの機能群が、クラウドネイティブなユーザーにとってはOfficeスイート時代からの過去との互換性が、それぞれユーザーの戸惑いを誘う。Office 365ならではの疑問や混乱の解消法をお伝えしよう。

 「メモ」や「ノート」などと呼ばれる雑多な情報を管理するための「ノート情報管理」。その代表的なサービスやアプリを具体的に見ていく。

 今や、自宅でも職場でもパソコンとインターネットの利用は欠かせない。4月から仕事をはじめる新社会人なら、社会人としてのマナーだけでなく、パソコンやスマートフォン、ネットサービスなどITに関するマナーも押さえておきたい。本連載では、新社会人が身につけておきたいITマナーの基本を紹介する。

 Office 365を使いこなすために知っておきたいポイントを、QA方式で解説していこう。

 政府が残業時間に関する上限規制案を提示した。案の通りに労働基準法が改正されれば、IT企業やユーザー企業のIT部門の職場にも大きな影響が及ぶ。ユーザー企業のCIO、IT企業で働くエンジニア、有識者などへの取材と、アンケートを通じて、IT業界の現場の「働き方」の実態と問題を明らかにする。

 企業の秘中の秘であるはずの開発計画などを公にし、研究機関やスタートアップ企業からアイデアや技術を募って、これまでにない製品やサービスを生み出す。それがオープンイノベーションだ。本当に成果が出るのか。パートナー募集やプロジェクトマネジメントはどうすればいいのか。先行企業の担当者を直撃した。

日本HPが2016年10月に出荷を開始した法人向けWindows 10 Mobile搭載スマートフォンの「HP Elite x3」。搭載機能やオプション機器、関連サービスまで含めて、どのくらいビジネス用途に向いているかを検証する。

 あなたには「腹心」と呼べる部下がいるだろうか。リーダーの補佐役となる能力を持ち、強い信頼関係で結ばれる。本当に頼りになるそんな部下の育て方を教育コンサルタントの芦屋広太氏が解説する。

 将来はビジネスを創造する人になって力を振るう。それにはまず、なりたい自分を明確にすることが大切だ。その上で、10年計画シートを埋め、スタートを切る。

 IT人材の獲得競争が熱を帯びる中、企業は優れたIT人材をどう獲得し、育成するか。注目のネット企業やスタートアップ企業などのCTO(最高技術責任者)に、求めるIT人材像を語ってもらう。

 あなたの会議は効率的?2016年11月にITproで実施した「会議実態調査」では、効率的な会議ができているのは13%という残念な実態が明らかになった。

メールに悩んだとき、困ったときはビジネスメール研究所にお問い合わせください。直井研究員や平野所長がアドバイスします。今日も直井研究員と一緒に、ビジネスメールを学びましょう!

 「ネットワーク」を日頃から使っているものの、実体はどんなものかとらえにくい。何となく“つながっているもの”という認識はあっても、具体的なイメージが浮かびにくいからだ。そこで今回は、ネットワークを構成する様々なネットワーク機器を図鑑風に紹介する。それぞれのネットワーク機器に割り当てられた役割から、ネットワークが提供する機能を理解していこう。

 「働き方改革担当大臣」が設置され、働き方改革は今や国を挙げての重要課題。企業での取り組みも進むが、仕事のやり方や習慣を変えるには、抵抗がつきものだ。リーダーシップを発揮し、新しいワークスタイルの定着にまい進する「変革人」の仕事ぶりに迫る。

 これまでの業務フローを見直し、ITを積極的に取り入れて生産性を大幅に引き上げる。そうした「ワークスタイル変革」に取り組む企業が増えている。成果を上げている企業の施策を紹介する。

 多くのメンバーを率いて大きな達成感を得られるプロジェクトマネジャー(プロマネ)。しかし、経験が浅いとなかなかうまく回せないもの。では、本物のプロマネは何が違うのか。専門家が七つの条件を披露する。

 この道20年選手になろうとしているプロマネの宇佐木さん。ウェブシステムを作る小さいIT会社に勤めており、現在は三つのプロジェクトを抱えています。20代の頃にこの会社に転職して以来、多くのプロジェクトを担当してきましたが、このところトラブルが続いているようです。

 自社システムを導入しようと考えた時、フルオーダーでの発注は経費も人員もかかりすぎ、既存のシステムでは、業務に合わないといった企業は多い。そこで検討したいのが「データベースソフト」である。手軽にチャレンジしやすいのがMicrosoftのAccessだ。

 紙の書類はデジタル化してしまえば、場所を取らずに管理もしやすくなる。出先でもらった書類をその場でデジタル化するにはどうするか。専用スキャナーを使った方法やスマートフォンを活用する方法を紹介する。

 スマートフォンのビジネス活用を自前で検討しなければならないビジネスパーソンや個人事業主を想定し、ビジネスで使うスマートフォンの選び方や活用の仕方を紹介する。

 PCを使った作業をもっと楽にできないか。そんなとき、PCの買い換えよりも安価で効果的な効率改善の手段がある。ディスプレイを増設する「マルチディスプレイ」だ。USB接続から4Kまで、基本とノウハウを解説する。

 2015年9月、Microsoft Officeの新版「Office 2016」が登場した。「Office 2013」のリリース以来、およそ2年半ぶりのバージョンアップだ。仕事では定番のソフトだけに、新機能や導入の方法をチェックしておこう。

 パソコンを使えば簡単に作れるフローチャート。アイデア整理にも大変役立つので、ぜひチャレンジしてみませんか。

注目コンテンツ