システム導入のための意思決定サイト

Success:コスト削減・効率化

新着記事

A

Success:コスト削減・効率化

中堅・中小企業のためのOffice 365入門

第21回 職員のシフト情報を共有・管理するStaffHub

 Office 365では、お店などでシフトを共有して管理するためのMicrosoft StaffHub(以下、StaffHub)というアプリがある。これをStaffHubを使えば、どんなシフトが組まれているか、誰が勤務中かなどの情報を確認...

A

Success:コスト削減・効率化

中堅・中小企業のためのOffice 365入門

第20回 トレーニングセンターでOffice 365を学ぶ

 中小企業のIT管理者の中には、社員にOffice 365の使い方を教える時間がないといった悩みを持つ人もいるかもしれない。Microsoft社では、ユーザー向けにトレーニング用のWebページを用意している。他に管理者用のページもあるので、...

A

Success:コスト削減・効率化

どんづまりから見上げた空 ~ 我がITサバイバル年代記

「自分のような者でも居場所があるかも」、IT業界を目指しドロップアウトから脱した話

 二度の大病を経て、目の前に広がっているはずの道がふっと無くなった。大学には行かず就職もしなかった。新宿をさまよい、ギャンブルをし、時々アルバイトをした。転がるようにしてたどりついた派遣のSEやプログラマーの世界で、冷徹な現実に直面した。

A

Success:コスト削減・効率化

意外と知らないExcel分析術

予算達成の最適解を算出、Excelのソルバーを使いこなそう

 消費財メーカーでマーケティングを担当しているJさんは、広告を出稿しているWebサイトQとWebサイトRの広告費と、両サイトを経由した成約数を分析して、より効果の高い広告予算配分を考えようとしている。

A

Success:コスト削減・効率化

意外と知らないExcel分析術

アンケート結果を重要統計指標で分析、Excelで改善点を考える

 M社でWebページの制作を担当しているKさんは、利用者に自社Webページを評価してもらうアンケートを実施した。アンケート結果をもとにKさんは、改善方針を立てたいと考えている。

>> もっと見る

連載一覧

 ビジネスに多用されているExcel。だがその活用法の中には、まだあまり知られていないものがある。アンケート結果の分析から過去データを用いた将来予測まで、Excelを使った分析のノウハウを紹介する。

商品を100円均一で販売する100円ショップ。他店で数倍の価格で販売されているような商品も置いてある。こうした100均グッズの中から、ネットワーク技術者が業務に使えそうな商品を一気に紹介していこう。

 Microsoft Excelをワープロソフトのように使う「Excel方眼紙」。紙主体の業務を手軽に電子化できるものの、データの再利用が困難など弊害も多い。クラウドの普及とWeb技術の進化を背景に充実し始めた、脱Excel方眼紙を視野に入れるソフト/サービスの実力を探る。

 東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年、次世代の超高速モバイル「5G」が国内で始まる。3年後の商用サービスに向け注目を集めているが、その特徴や威力を知らない人は少なくないのではないか。速度や業界ごとの活用方法、経済効果など5つの疑問から爆速5Gを解き明かす。

 多くの企業には、新システムに刷新したくてもできない「塩漬けシステム」がある。経営環境の急速な変化や、エンジニアの高齢化などを背景に、そうしたシステムの問題が顕在化している。

 仕事は多いが人手は足りない。そんな職場では、PCやシステムを使った作業の「うっかりミス」が起きがちだ。作業の手戻りで現場が慌ただしくなる、うっかりミスをどう回避するのか。撲滅に乗り出した2社の取り組みから学ぼう。

 プロジェクトマネジャーの仕事には適切な道具が欠かせない。きちんとした道具選びができていると、作業の流れがスムーズになったり、チームがまとまって品質が高まったりする。できるプロジェクトマネジャーが持つ「こだわりの道具」とその活用術を紹介する。

 使いやすさを売りにデビューして以来、PCの外部インタフェースを席巻した「USB」。そのUSBが転機を迎えている。USBは分かりにくいインタフェースになってしまうのか。肥大化したUSBの謎に迫る。

 企業向けクラウドサービスで最も使われているであろう「Office 365」。企業は本当にOffice 365の豊富な機能を使いこなせているのか。先進企業の取り組みから、Office 365の使いこなし術を探る。

 プロジェクトマネジャー(PM)の能力は、ITプロジェクトの成否に直結する。だが意外にも、本人が無意識のうちに「ダメPM」と呼ばれる場合がある。IT現場の経験豊富なコンサルタントが、実際に見た「ダメPM」を斬る。

 消費者の格安志向を受け、中古スマホへの関心が急速に高まっている。携帯電話大手各社は毎年、大量のスマホを下取りしているが、国内の中古市場に流通する端末数は年間200万〜300万台程度にとどまっている。市場が花開かない理由は何か。国内中古スマホ市場の光と影に迫る。

 「荷物が増えるのに人がいない」。ヤマト運輸の荷物総量規制が象徴するように、物流業界の人手不足は深刻を究める。解決のヒントを与えてくれるのがエフピコ物流(広島県福山市)。配送ルート計画システムや音声デジタルピッキングなど、最新ITを活用。作業効率を2倍に高める成果を生み出している。

 本連載では、中堅・中小企業でよく使われるIT製品を上手に選択するポイントを解説します。IT製品の役割や主な用途を整理し、導入する製品を決める際の着目点をまとめています。

 マイクロソフトの「Office 365」は、馴染みの深いOfficeソフトを使えることに加えて、電子メールやオンライン会議といったサービスの数々がパッケージ化されたクラウドサービスだ。本連載はOffice 365の入門講座として、中堅・中小企業向けに導入と活用に必要な基礎知識を解説していく。

 本連載「Windows 8.1道場」では、Windows 8.1の操作手順だけでなく、Windows XP/Vistaユーザーが8.1に乗り換えたときに陥りやすい問題についても、できる限り取り上げることにした。基本となるデスクトップ操作を中心に解説していく予定だ。

 中堅・中小企業のシステム導入、IT化について、「よくある悩み」を取り上げ、専門家にアドバイスしてもらうシリーズ。サーバー、モバイルデバイスなどのハードウエアや、Saasなどで提供されるサービスの導入法、またそれらの活用方法などを解説。事故を起こさないためのセキュリティ対策、また社員のIT利用ルールまで、さまざまな疑問に答えていく。回答者は該当分野に強いITコーディネーター、ITコンサルタント、ITベンダーなど。

 ITサービス会社に勤める新人営業のD太君と先輩SEのM子さん。2人は最新のITキーワードで顧客に最適なソリューションを提案する名コンビです。今日はどんな商談に臨んでいるのでしょうか。

Excelのグラフは、作るだけなら簡単だが、自分の意図に合わせて見栄え良く表現するのは大変なこと。しかし、いくつかのテクニックを身に付けるだけで、グラフは思い通りに作れる。この連載では、意外と知られていないExcelのグラフづくりのツボを、実例を使って紹介していく。

 企業のデジタルマーケティングに大きな進化が起こりつつある。位置情報を利用して来店者の行動を可視化したり、ソーシャルメディアを通じて企業の商品やブランドに対する見込み客などの意向を把握したりと、より密に顧客とつながる企業が現れ始めた。鍵を握るのは、新型の決済サービスなどを駆使する「O2O(Offline to Online)」とワンツーワンで消費者とコミュニケーションが取れるようになってきた「SNS」の活用。企業システムにうまく連携させるためには情報システム部門の支援が欠かせない。

 Excelに代表される帳票ソフトが持つ使い勝手で、現場の担当者がタブレットやスマートフォンからビッグデータを手軽に扱える──。こんな機能を備えた「新世代帳票」の利用が加速している。牽引するのは、超「Excel」ソフトとも呼ぶべき製品群だ。ヤマハや小岩井乳業をはじめ現場主導のデータ活用を支えるべく導入する企業が相次ぐ。ビッグデータ全社活用を狙った新世代帳票の実態に迫る。

注目コンテンツ