直井研究員(以下:直井):所長、今年も1年いろいろとありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

平野所長(以下:平野):12月はまだ数日あるのに、気が早いな。

直井:忘れないうちに言っておこうと思いまして。

平野:おいおい。挨拶と言うのは、思い付いたときにするものではないぞ。気持ちが伴っていない挨拶は嬉しくないからね。挨拶といえば、そろそろ新年の挨拶のことを考える時期だね。

直井:そうですね。仕事で、お客さまや取引先に向けて、新年の挨拶をどのようにするのか、検討されていることかと思います。

平野:年賀状をハガキで送るか、メールで送るかとかね。

直井:最近は、メールで新年の挨拶をすることが増えてきました。

平野:そうだね。私たちもメールを送っているからね。

直井:年賀メールをいただくことも多いです。ただ、昔ながらの慣習、コメントを手書きすることで伝わる魅力という意味では、ハガキのほうが印象はよいかもしれません。「新年の挨拶はハガキだよね」という方も多いと思います。

平野:そういう方は、ハガキで送るのがいいと思うよ。相手がメールよりはハガキを好むことが分かっているなら、ハガキを送るのがよいと判断できるだろう。でも、年賀メールで送ってはいけないというわけではないし、メールで伝えるメリットもある。

 大切なことは、相手と目的に応じて手段を使い分けるということ。年賀状をハガキで送らなければならない、メールではいけないといった、二者択一を迫るような考え方では片づけられないんだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!