直井研究員(以下、直井):なんだかシックリいきません。

平野所長(以下、平野):どうしたの?今日もお悩みだね。

直井:メールの処理をどうしたらいいか、やり方をいろいろとまとめているんです。でも、なんだかうまくいかないんです。

平野:どうして?

直井:アドレスごとにフォルダーを作って全部振り分けようと思ったんです。特定の方としかやりとりがない場合は、その方が効率はよくなります。でも、不特定多数の方からのメールが中心の場合は、整理整頓が大変です。通数によっても異なるし、仕事の内容によっても異なります。どうやって説明をしたらいいか悩みます。

平野:直井さんの言うとおりだね。メールの処理はこうすべし!という明確なものはないんだよ。仕事の内容によって異なるし、環境によっても異なる。例えば、私たちのように30GBの容量があるクラウドサービスを使っている場合は「メールを削除する」という考えは不要になる。逆に、500MBの容量しかないならメールを削除する前提で作業を考えなくてはいけない。そうなると「削除するメール」を選択しなくてはならない。それも時間効率を悪くすることにつながるね。

直井:はい……。一概に言えないなぁとは思っていたんですが、こちらの質問に答えたくて。

メールの整理整頓について知りたいです。あとで検索すればいいやと考え、メールがどんどんたまってしまいます。メーラーでの受信メールの整理の仕方や、送信メールの整理しやすい「件名」の付け方などを知りたいです。

平野:いろいろな質問が詰まっているねぇ。せっかくだから状況を整理してみよう。いいトレーニングになるよ。思考(考え方)や性格(行動特性)、現状、解決策。この質問者さんは、それを一気に書いているね。しかし、それがちょっとずれているようだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら