直井研究員(以下、直井):所長、今日も事件です!事件ですよ!

平野所長(以下、平野):毎週、何かしら事件が起こっているね。CCとBCCを間違えた誤送信は毎日のように起こっている。謝罪のプレスリリースや謝罪文をウェブサイトに公開しているのは、ほんの一握りの企業だ。今回は何の事件かな?

直井:伝わらないんです。

平野:ん?何が伝わらないの?

直井:意見を伝えているのに相手がちゃんと理解してくれないんです。しかも、お互いが委ねあってしまって「何のことだろう?」ってなるんです。

平野:う~ん……なかなかイメージがわかないな。

直井:会話はできているんです。でも「何の話をしているんだっけ?」ってなるんです。

平野:まさに今の私たちの会話だね。

直井:そうなんです!実は、さきほど届いた質問者のメールを再現してみました。

平野所長
直井研究員

はじめまして。大西と申します。

職場でのメールがうまくいきません。
やりとりは普通にできていて、会話は成立しています。

でも、話が全然前に進まずメールだけが飛び交い
結局、何をどうするの?となってしまうことが
多々あります。

メールの書き方を学び
効率を良くしたいと考えています。

何かよいアドバイスがあったらお願いいたします。

大西

平野:そういうことか。さっきの会話も話が全く前に進まなかったね。このような不毛なやりとりをしているとストレスがたまるだろう。よし!今日は主導権を握りメールを前に進めるテクニックを伝授しよう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら