2013年10月18日、Windows 8.1がリリースされた。Windows 8ユーザーは、Windowsストアから無償でダウンロードして、アップデートできる。Windows 8.1のプリインストールパソコンやタブレットも、今後、各社から続々と発売されるだろう。

 さて、そもそも、Windows 8とWindows 8.1は何が違うのだろうか。0.1の違いとは、どの程度のものなのだろうか? 誰もが疑問に思うだろう。そこで、早速、Windows 8.1の新機能、強化された機能をレビューしよう。

1●簡単に切り替えられるようになった「スタート画面」と「すべてのアプリ」

 Windows 8.1では、インストールされているアプリケーションをすべて表示する「すべてのアプリ」画面が、より簡単に表示できるようになっている。マウスの場合、スタート画面左下の「↓」ボタンをクリックすれば、すべてのアプリが表示される。タッチ操作の場合は、画面に指を当て、上方向にスワイプするだけだ。

スタート画面の左下にある[↓]ボタンをクリックする。タッチ操作の場合は、画面を上方向にスワイプする。
[画像のクリックで拡大表示]

すべてのアプリが表示される。元に戻すには、左下の「↑」ボタンをクリックする。タッチ操作の場合は、下方向にスワイプする。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!