「ガンブラー(Gumblar)」とは、Webサイトを改ざんし、閲覧者を不正なサイトに誘導した後、コンピュータウイルスに感染させる脅威のこと。日本国内では、別名「GENOウイルス」とも呼ばれている。2009年より、日本の大手企業サイトなどにも感染が広がっており、徹底した対策が求められている。

 具体的な流れを見ると、(1)攻撃者が企業サイトなどに侵入し、不正なWebサイトに誘導するプログラムを仕込む、(2)何も知らないユーザーが企業サイトにアクセスすると、仕込まれたプログラムによって不正なサイトに誘導される(ただし、誘導されたことは外見上分からないことが多い)、(3)不正なサイトに誘導されたユーザーが、FTPアカウント情報(ID・パスワードなど)を盗み取るウイルスに感染する、(4)盗み取ったID・パスワードをもとに、攻撃者がWebサイトに侵入する、となっている。これら(1)~(4)の流れが繰り返されているのだ。

 「ガンブラー」の感染を未然に防ぐためは、Windows UpdateによってPCを最新の状態に保ったり、セキュリティ対策ソフトをインストールしておく必要がある。最新のセキュリティ対策ソフトの中には、「ガンブラー」対策がすでに施されている場合もあるという。また、外見だけでは、Webサイトが「ガンブラー」に感染したかどうか分からないため、定期的にWebサイトをチェックし、ID・パスワードの管理を強化することも重要だ。

 ちなみに、マンガの中で「ガンブラー」のボケとして登場した「タンブラー」だが、「タンブラー」と言えば、ice-mixユニークなオリジナルの「タンブラー」を販売しているのでご紹介しよう。ラインアップは、「チャーハン」「柿ピー」「印籠」「赤提灯」など、見た目にインパクトがあるものばかり。紙コップを使わないため、エコという視点から「タンブラー」が注目されているが、これらを使えば、周囲の視線を一気に集められるだろう。

 
▲ice-mixオリジナルのユニークな「タンブラー」。写真は「チャーハン」「柿ピー」「印籠」「赤提灯」の4つ

さて、次回のキーワードは…
【セパレートケータイ】


この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら