携帯電話、デジタルカメラ、携帯音楽プレーヤー、デジタルビデオカメラといった、デジタル機器の処分で悩んだことはないだろうか。こうした機器は、粗大ごみの既定サイズを下回るため、いわゆる不燃ごみとして処分することが多い(自治体による)。しかし、ぽいと捨てるには抵抗があるユーザーも多いのではないかと思う。金属部分が多いので、資源性があるのでは? 内部メモリーを持つ機器をごみ集積場に出して、個人情報流出の恐れはないのか? といったことが気になるからだ。

 小型デジタル機器を回収、資源化する取り組みが全国で始まっている。取り出される資源は、デジタル機器に共通する部品、液晶パネルや小型モーター、基板、充電池などに含まれるレアメタルだ。

 東京都内では、2009年11月15日から、2010年2月28日まで、江東区と八王子市の2自治体で「小型家電のレアメタルリサイクルモデル事業」を実施している。まずは、江東区での回収事業と、集められた小型家電が選別、解体の中間処理工程にたどりつくまでを見てみよう。

 この事業での「小型家電」とは、冒頭で挙げた小型のデジタル機器製品のことだ。ケーブルやクレードルなどの付属品、電子辞書やカーナビ、ポータブルゲーム機、電卓、携帯用テレビやラジオなども含まれる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら