2009年12月から2010年1月にかけて、国内企業・組織のWebサイトが次々と改ざんされて大きな話題になった(図1)。改ざんの目的は「ウイルスのわな」を埋め込むこと。改ざんされたWebページにアクセスするだけで、コンピューターウイルスに感染する恐れがある。Webサイトを運営する企業や組織はもちろん、一般のユーザーも、被害に遭わないための対策が不可欠だ。

●年末年始に大手Webサイトの改ざんが相次ぐ
図1 2009年12月から2010年1月にかけてWebページを改ざんされた企業・組織の一例。改ざんされたページには、ウイルスを感染させるような「わな」が仕込まれた。現在では、該当ページは修復あるいは閉鎖済み
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!