小型軽量ボディーと手ごろな価格で人気のキヤノン「EOS Kiss」シリーズ。昨年発売の「EOS Kiss X2」は、初めての一眼レフからハイアマチュアのサブ機として好評だが、わずか一年で上位モデルの「EOS Kiss X3」が登場した。今回大きくスペックアップしたのは、この価格帯では最高クラスの1510万画素CMOSセンサーと、フルHDの動画撮影機能だ。

 各社競争の激しいエントリークラスとはいえ、短期間に大幅なバージョンアップを果たした「X3」。その実力やいかに?

(編集部注:この記事で使用した機材は試作機のため、製品版とは異なる可能性があります。)

キヤノンの「EOS Kiss X3」。実売価格はボディー単体が8万9800円、レンズキットが9万9800円、ダブルズームキットが12万9800円。発売は2009年4月24日。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら