Windows 7へのログイン時にパスワードを設定している場合は、万が一、パスワートを忘れるとログインできなくなってしまう。それに備えて、Windows 7には「パスワードリセットディスク」を作成する機能が用意されている。

 パスワードリセットディスクは、Windows 7のログイン時に使用し、登録済みのパスワードを入力しなくても、パスワードを新しく登録してWindows 7へのログインを可能にするツールだ。

 ディスクにはフロッピーディスクやUSBメモリーが利用できる。ここではUSBメモリーを使う例を説明しよう。なお、パスワードリセットディスクを使うと、誰でもWindowsにログインできるので、第三者に勝手に使われないように厳重に管理する必要がある。

パスワードリセットディスクとして使用するUSBメモリーをコンピューターに挿して、利用可能にしておく。コントロールパネルを起動したら、「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

「ユーザーアカウント」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

「パスワードリセットディスクの作成」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

パスワードディスクの作成ウィザードが起動したら、「次へ」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

USBメモリーを挿してあるドライブを指定して「次へ」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

現在のパスワードを入力して「次へ」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

作成が完了したら「次へ」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

「完了」ボタンをクリックする。これでパスワードリセットディスクが作成された。使用したUSBメモリーは大切に保管しておこう
[画像のクリックで拡大表示]

 せっかくなので、パスワードリセットの方法も説明しておこう。パスワードリセットディスクにしたUSBメモリーをパソコンに挿したら、次のように操作する。

コンピュータを再起動してログイン画面を表示したら、パスワードを空欄のままにして「ログイン」ボタンをクリックする。「ユーザー名またはパスワードが正しくありません」と表示されたら「OK」ボタンをクリックする。すると、この画面が表示されるので「パスワードのリセット」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

パスワードのリセットウィザードが起動したら「次へ」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

パスワードリセットディスクのUSBメモリーを挿したドライブを指定して「次へ」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

「新しいパスワード」と「パスワードの確認入力」に新しいパスワードを入力して「次へ」ボタンをクリックする。必要であれば、「新しいパスワードのヒントを入力してください」にヒントも入力できる(省略してもよい)
[画像のクリックで拡大表示]

「完了」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

新しいパスワード入力してログインする
[画像のクリックで拡大表示]

XPでは……

 コントロールパネル(クラシック表示)の「ユーザーアカウント」アイコンをダブルクリックしたら、アカウントをクリックし、ウインドウ左側の「関連した作業」で「パスワードを忘れないようにする」をクリックする。これでパスワードディスクを作成するウィザードが起動する。

Windows XPではパスワードディスクの作成ウィザードを利用する
[画像のクリックで拡大表示]