Windows 7では、初期設定でゲームが利用可能になっている。ただし、企業で利用する場合など、ゲームが不要なケースもあるだろう。コントロールパネルを使えば、ゲームを無効にすることも可能だ。

 なお、ゲームを無効にできるのは管理者権限(Administrator権限)を持っているユーザーだけだ。社員のユーザーアカウントの種類が「標準」になっていれば、管理者が管理者権限(Administrator権限)でログインしてゲーム機能を無効にすることで、ゲームの使用を禁止することができる。

Windows 7の初期設定では、いくつかのゲームが利用できる状態になっている
[画像のクリックで拡大表示]

コントロールパネルを起動したら「プログラム」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

「プログラムと機能」の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

「Windowsの機能」ダイアログボックスが表示されたら、「ゲーム」のチェックボックスをオフにして「OK」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

設定が変更される。処理には少し時間がかかるが、再起動は必要ない

処理完了後の状態。「ゲームエクスプローラー」以外のゲームはすべて無効になった
[画像のクリックで拡大表示]

XPでは……

 コントロールパネル(クラシック表示)の「プログラムの追加と削除」アイコンをダブルクリックし、「プログラムの追加と削除」ダイアログボックスを表示したら、「Windowsコンポーネントの追加と削除」をクリックする。Windowsコンポーネントウィザードが起動したら、「アクセサリとユーティリティ」を選択して「詳細」ボタンをクリックする。表示されたダイアログボックスでゲームの有効/無効を選択できる。

Windows XPでもゲームを無効にできる
[画像のクリックで拡大表示]