以下の2つの記事では、本来は正しくない読みを変換できるようにする設定を紹介した。

「誤った読みでも正しく変換できるようにする」

「けーたい」→「携帯」や「しょーかい」→「紹介」のような変換ができるようにする

 同様の設定は、もう1つ用意されている。それが『「う」と「お」の同一視』という設定である。以下に、「う」と「お」の使い分けの例を示そう。

×
宝石ほうせきほおせき
王様おうさまおおさま
大きいおおきいおうきい
容積ようせきよおせき

 通常、表の右側の読みを入力・変換しても正しく変換できないが、『「う」と「お」の同一視』を有効にすると、変換できるようになる。以下はMS-IME 2007での設定である(MS-IMEも共通)。

言語バーの「ツール」ボタンをクリックしてメニューを開き、「プロパティ」を選択する

プロパティのダイアログボックスが表示されたら、「オートコレクト」タブに切り替えて、『「う」と「お」の同一視』チェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

『「う」と「お」の同一視』がオンの場合は変換できる

『「う」と「お」の同一視』がオフの場合は変換できない