MS-IME/MS-IME 2007の初期設定では、かな入力ユーザーの次のような操作ミスが自動的に修正される。

「゛」と「゜」の押し間違い

例:ばそこん→パソコン
例:かっば→カッパ

[Shift]キーの押し間違い

例:さきはいそぐ→先を急ぐ
例:きゅぅしゅうちほう→九州地方

 この機能によって、かな入力ユーザーのほとんどが恩恵を受けているはずたが、入力する文章によっては、機能を無効にしたい場合もあるだろう。例えば、入力ミスの例文を作っているのに、そのたびに正しく修正されてしまうと、かえって効率が悪い。機能を無効にする手順は、次の通りである(MS-IME/MS-IME 2007ともに共通)。

言語バーの「ツール」ボタンをクリックしてメニューを開き、「プロパティ」をクリックする

プロパティのダイアログボックスが表示されたら、「オートコレクト」タブに切り替えて、「入力オートコレクト」の『「゛」と「゜」の修正(かな入力時)』と『Shiftの押し間違えを修正(かな入力時)』の2つのチェックボックスをオフにして「OK」ボタンをクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

 設定は以上である。設定のオン/オフによる変換結果の違いは、次の通りである。

『「゛」と「゜」の修正(かな入力時)』がオンの場合:「ばそこん」→「パソコン」に変換される

『Shiftの押し間違えを修正(かな入力時)』がオンの場合:「きゅぅしゅうちほう」→「九州地方」に変換される

『「゛」と「゜」の修正(かな入力時)』がオフの場合:「ばそこん」は「パソコン」には変換されない

『Shiftの押し間違えを修正(かな入力時)』がオフの場合:「きゅぅしゅうちほう」は「九州地方」には変換されない