MS-IME 2007には、誤変換の情報をマイクロソフトに送信する機能が用意されている。送信された情報は製品開発にフィードバックされ、辞書の充実などに役立てられるとされている。

 ここでいう「誤変換」とは、一度の変換で正しく変換できなかった単語の情報のことだ。自分の名前や自社の製品名が正しく変換されなかった場合などに、その情報を送信すれば、以降のバージョンアップで辞書に収録され、変換できるようになるかもしれない。

 なお、初期設定では情報は送信されないので、送信するためには設定を変更する必要がある。手順は次の通りである。

言語バーを右クリックし、メニューの「プロパティ」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

プロパティのダイアログボックスが開いたら、「プライバシー」タブに切り替えて、「発生した誤変換をフィードバックするために記録する」をオンにして、「OK」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

 以上のように設定しておけば、次の操作で誤変換データを送信できる。

言語バーの「プロパティ」ボタンをクリックし、メニューの「自動記録された誤変換データの送信」をクリックする。なお、直前の誤変換情報だけを送るなら、「直前の誤変換データの送信」をクリックする

収集された誤変換の情報が表示されるので、確認して「誤変換データを送信する」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、各ボタンをクリックすることで、送信する情報を編集したり、誤変換報告の動作を変更したりすることも可能だ。

「編集」ボタンで開くダイアログボックス。送信する情報を編集できる
[画像のクリックで拡大表示]

「詳細情報」ボタンで開くダイアログボックス。送信される情報の詳細、およびマイクロソフトのデータ収集ポリシーなどが確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

「設定」ボタンで開くダイアログボックス。誤変換データの送信方法や動作を設定できる。なお、「学習データを送信する」は、初期設定ではオフとなっている
[画像のクリックで拡大表示]

 また、単語登録する際に、その情報をマイクロソフトに送信することもできる。人名や地名、商品名などの固有名詞の情報を送信すれば、以降の辞書に掲載されるかもしれない。なお、この機能は、MS-IMEとMS-IME 2007の両方に用意されている(誤変換データの送信はMS-IME 2007のみ)。

MS-IME 2007の「単語の登録」ダイアログボックス。「登録と同時に単語情報を送信する」チェックボックスをオンにして単語を登録する
[画像のクリックで拡大表示]

MS-IMEの「単語/用例の登録」ダイアログボックス。「登録と同時に単語情報を送信する」チェックボックスをオンにして単語を登録する
[画像のクリックで拡大表示]