MS-IME/MS-IME 2007の初期設定では、候補一覧のウインドウに「ひらがな」と「全角カタカナ」が表示される。例えば、「にほん」という読みを変換した場合、「日本」や「二本」の他に、「にほん」と「ニホン」も表示される。

「にほん」を変換した例。候補に「にほん」と「ニホン」が表示されている

 この候補一覧に「半角カタカナ」と「ローマ字」を追加することも可能だ。次は、「半角カタカナ」と「ローマ字」を表示した例である。

候補一覧に「半角カタカナ」と「ローマ字」を追加されている

 設定方法は次の通りだ。画面はMS-IME 2007だが、MS-IMEも設定方法は共通である。

言語バーの「ツール」ボタンをクリックしてメニューを開き、「プロパティ」をクリックする

プロパティのダイアログボックスが表示されたら、「変換」タブの「候補一覧に追加で表示する文字種」で、表示したい文字種のチェックボックスをオンし、不要の文字種があればオフにして「OK」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]