セルをコピーしたり移動するには、実に多くの方法がある。コピー元を選択して「編集」メニューの「コピー」と「ペースト」を実行したり、control+Cやcontrol+Vなどのショートカットキーを使うのもいい。だが、最も直感的でよく使われる方法は、マウスでセルをドラッグすることだろう。普通にドラッグすれば移動、optionキーを押しながらドラッグすればコピー、あるいはcontrolキーを押しながらドラッグすれば、ショートカットメニューから処理を選択することも可能だ。では、ドラッグ操作で別のワークシートにコピーするにはどうしたらいいだろう。

 やってみればわかるが、セルをドラッグした状態でマウスポインタをシート見出しに近づけると、ワークシートがどんどんスクロールしてしまう。いつまでたってもシート見出しを操作することができない。こんなときは、commandキーを押しながらドラッグする。するとワークシートはスクロールせず、マウスポインタを合わせたワークシートがアクティブになるのだ。

図1 別のワークシートにセルをコピーするときは、commandキーを押しながらドラッグする