あるセルに入力されているデータを、下方向に連続してコピーするときは次のようにしよう。まずコピー元のセルを先頭にしてコピー先のセル範囲をマウスやキーボードで選択する。次にcontrolキーを押しながらDを押す。これで、選択した範囲にデータがコピーされる。

図1 コピーしたいセルを先頭にして、コピー先のセルをすべて選択する
[画像のクリックで拡大表示]

図2 control+Dで下方向にコピーできる
[画像のクリックで拡大表示]

 なお右方向にコピーしたい場合は、コピー元を左端にして右方向にコピー先セルを選択してからcontrolキーを押しながらRを押す。

図3 コピー元を左端にして、コピー先のセルをすべて選択する
[画像のクリックで拡大表示]

図4 control+Rで右方向にコピーできる
[画像のクリックで拡大表示]

 下方向にはDownのD、右方向はRightのRを覚えておくといい。いずれも、コピー元セルを範囲の先頭にするのがポイント。コピー元が別のセルを参照するような数式だった場合には、参照するアドレスが自動的に調整される。

 これらの機能はあまり知られていないが、裏技などではなく「フィル」というExcelの標準機能だ。

図5 「編集」メニューの「フィル」機能
[画像のクリックで拡大表示]

 連続したセルにデータをコピーするにはフィルハンドルをドラッグする方法もあるが、データによっては連続データが作成されてしまう。コピーしたいときに便利な「フィル」機能を、ぜひ覚えておこう。