セルに日付を入力すると、セルに日付の表示形式が自動的に設定される。日付の表示形式はExcelが勝手に設定するため、ユーザーが気づかないことも多い。セルのデータをクリアするにはDeleteキーを押すが、このときセルの表示形式や罫線などの書式はクリアされない。クリアしたしたセルに数値を入力すると、その数値がシリアル値と解釈されて、変な日付が表示されてしまう。

図1 セルに日付データを入力すると

図2 自動的に日付の表示形式が設定される

図3 Deletキーでセルのデータをクリアしても表示形式は生きている

図4 そのセルに数値を入力すると

図5 数値が日付形式で表示されてしまう

 セルを右クリックして表示されるメニューに「数式と値のクリア」はあるが、書式をクリアするコマンドはない。セルの書式をクリアするには「ホーム」タブ「編集」グループの「クリア」ボタンをクリックして「すべてクリア」または「書式のクリア」を実行しなければならない。

図6 ショートカットメニューに「書式のクリア」はない

図7 書式をクリアするにはリボンからコマンドを実行しなければならない

 実は、セルのデータと書式を一発でクリアする方法がある。何も入力されていないブランクのセルをコピーするのだ。もし日付が入力されているセルの上にブランクセルがあれば、フィルハンドルをドラッグするだけでいい。

図8 日付の書式形式が設定されている

図9 隣接するブランクセルのフィルハンドルを、書式が設定されているセルにドラッグする

図10 すべての書式が一度でクリアされる