セルのアドレスを指定することで、他のセルに入力されたデータを利用する機能を「セルの参照」と呼ぶ。Excelに限らず、表計算ソフトには必須の機能だ。参照式を入力したセルには、計算式そのものではなく計算式の結果が表示される。では、計算式で参照しているセルを変更したいときはどうしよう。もちろん、参照式で使用しているアドレスを書き直してもいい。だが、Excelならマウス操作だけでこの作業を行える。

 操作は簡単。まずは参照式が入力されているセルを編集状態にする。セルを編集状態にするには、参照式が入力されているセルをダブルクリックするか、そのセルにアクティブセルを移動してcontrol+Uキーを押す。参照式のセルが編集状態になると、セル内のアドレスと実際に参照しているセルが同じ色で表示される。これで、どのセルを参照しているかが一目瞭然だ。あまり知られていないが、この参照元セルを囲っているカラフルな枠はマウスで操作できる。

 参照元セルを囲っている枠の外側の部分をドラッグすると、参照式内のアドレスもリアルタイムで変化する。

図1 セルを編集状態にすると、参照しているセルに枠が表示される

図2 枠の周囲をドラッグすれば参照しているアドレスを変更できる

 関数などで複数のセル範囲を参照しているときは、色付き枠の右下にあるハンドルをドラッグしてセル範囲の大きさを変えることもできる。

図3 関数などでセル範囲のアドレスが指定されているときは

図4 枠の四隅にあるハンドルをドラッグしてセル範囲の大きさを変更できる