本連載の「もうディスクは買わなくていい? 容量無制限のクラウドストレージの実力やいかに」では、Bitcasa(ビットカーサ)というクラウドストレージを紹介した。「容量無制限」を最大のウリにしたサービスだが、記事公開後、大きな変化があったので、今回、改めて取り上げることにした。

Bitcasaはクラウドストレージサービス。立ち上げ当初は容量無制限が最大の売り物であった。URLはhttps://www.bitcasa.com/
[画像のクリックで拡大表示]

最大の変化は価格体系

 Bitcasaの変更点は大きく2つある。1つは価格、もう1つは画面だ。まず、価格だが、前回紹介した情報は次のとおりだ。

  • 無料……10GB
  • 有料……容量無制限(10ドル/月、99ドル/年)

 これが、2013年の11月19日から、次のように変更された。

  • 無料……20GB
  • プレミアム……1TB(10ドル/月、99ドル/月)
  • Infinite……容量無制限(99ドル/月、999ドル/月)

 無料版は容量がアップされたものの、残念ながら、容量無制限の場合、次のように約10倍の価格アップとなってしまった。

  • 月払い 10ドル→99ドル(約1000円→約1万円)
  • 年払い 99ドル→999ドル(約1万円→10万円)

Bitcasaの新しい価格体系
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、こちらのサポートフォーラムを見ると、旧料金体系のとき容量無制限の有料版を申し込んだユーザーには、新しい価格体系は適用されないと書かれているので、とりあえず安心してよさそうだ。ただし、日本語での適切な案内が見当たらないのは不親切ではなかろうか。

 月1000円程度で無制限のクラウドストレージを利用できるのが最大の魅力だったBitcasaだが、その魅力は色あせてしまったと言わざるを得ない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!