本日はWindows 8の発売日です。家電量販店の店頭には、Windows 8の動いているパソコンやタブレットがズラリと並ぶはず。そして、多くの方は、そこで初めてWindows 8に触れることになるでしょう。そこで最終回の今回は、ここまでに取り上げられなかったエクスプローラーや日本語入力、セキュリティ機能など、その他の気になるポイントをまとめて紹介します。店頭で試用するとき、ぜひ参考にしてください。

リボンが全面採用されたエクスプローラー

 使い慣れたWindowsのツールで最も大きく変化したのは「エクスプローラー」です。Office 2010と同じリボンが採用され、操作性も変わっています。

 「リボン」には、いまだに賛否両論あるようですが、私はエクスプローラーのリボンはとても使いやすいと思います。選択したファイルの種類によってリボンの内容が変化しますので、「やりたいことがすぐできる」インタフェースになっていると思います。

 ファイルやフォルダーの管理方法に変化はありません。従来通り、フォルダーの階層構造でファイルを管理します。

 なお、細かいところですが、ファイルのコピー機能も変化しています。コピーの一時停止/再開が可能になり、コピー速度と進捗のグラフ表示もできます。

エクスプローラーには全面的にリボンが採用された。
[画像のクリックで拡大表示]

画面は画像の保存されたフォルダーを表示したところ。表示する内容によってリボンの内容が変化する。
[画像のクリックで拡大表示]

画面はネットワーク上のコンピューターを選択したところ。ネットワークに関するボタンがリボンに表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルコピー中はコピー速度と進捗がグラフ表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルコピーの一時停止や再開、取消も可能。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!