前回はWindows 8に標準搭載されているWindows 8アプリを紹介しました。これ以外のWindows 8アプリを利用するなら、「Windowsストア」を使います。Windowsストアには、有料・無料のWindows 8アプリがたくさん登録されており、自由にダウンロードできます。アプリの数では、まだまだアップルのApp StoreやグーグルのGoogle Playには及びませんが、原稿を執筆している10月中旬時点では、かなり急ピッチでそろってきた印象です。

Windowsストアで無料アプリをインストールする

 Windowsストアを利用するには、Microsoftアカウントが必要です。もしも、ローカルアカウントでサインインしている場合は、Windowsストア起動時にMicrosoftアカウントを求められます。また、有料のアプリを購入するには、クレジットカードを登録するか、オンラインの支払いサービスであるPayPalを利用する必要があります。

 ここでは、Windows 8にMicrosoftアカウントでサインインしていることを前提に、無料ソフトをダウンロード・インストールする手順を説明します。

スタート画面で「ストア」のタイルをクリック(タップ)してWindowsストアを起動する。なお、ローカルアカウントでサインインしている場合は、Microsoftアカウントを要求されるので、自分のMicrosoftアカウントでサインインする必要がある。
[画像のクリックで拡大表示]

インストールする無料アプリを探す。アプリはカテゴリーごと分類されているので、各カテゴリーをクリック(タップ)する。ここでは「仕事効率化」をクリック(タップ)。
[画像のクリックで拡大表示]

インストールする無料アプリをクリック(タップ)する。ここでは「OneNote MX」をクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]

「インストール」ボタンをクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]

ダウンロードとインストールがスタートする。インストールが完了すると、このようなメッセージが表示される。メッセージば自動的に消えるが、左上の「×」をクリック(タップ)してメッセージを閉じてもよい。
[画像のクリックで拡大表示]

スタート画面にインストールしたアプリのタイルが追加される。
[画像のクリックで拡大表示]

タイルをクリック(タップ)するとアプリが起動する。
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsストアでは、アプリを検索することもできます。Windowsストアを起動したあとチャームパーを表示し、「検索」をクリック(タップ)して、「検索」チャームでキーワード検索してください。

Windowsストアを起動したらチャームバーを表示し、「検索」ボタンをクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]

キーワードを入力して検索すると、関連したアプリが一覧表示される。画面は「twitter」で検索したところ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!