今回は目次と索引、そして変更履歴とコメントの互換性テストについてレポートしよう。

 目次と索引はマニュアルや論文などの長文に欠かせない。長文を作成したいユーザーなら、ぜひチェックしたいポイントだ。また、変更履歴とコメントも、ユーザーによっては不可欠な機能だろう。

doc文書の目次はどのソフトも合格点

目次・索引

チェック内容

 通常の目次と図表目次を作成して、各ソフトで再現できるかどうかをチェックした。同じスタイルで表示できるかどうか、リンクが設定されるかどうかがチェックポイントだ。

結果

ソフトdocxdoc
EIOffice
OpenOffice.org
ThinkFree Write×
キングソフト Office 2010 Writer×
一太郎2010

解説

 doc文書に関しては、すべてのソフトで目次、図表目次ともに表示された。一太郎も同様だが、スタイルが一部異なってリンクも設定されなかったので△とした。一方、docx文書で再現できたのはEIOfficeだけだった。OpenOfficeは図表目次が表示されず、キングソフトは通常の目次が表示されないなど、いずれも不十分な結果だった

【docx】オリジナルのWord文書:通常の目次と図表目次の2つを作成し、各ソフトでの再現性をチェックした
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】docx/doc文書ともに再現できたのはEIOfficeだけだった
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】キングソフトでは、docx文書の通常目次が表示されず図表目次だけが表示された
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】OpenOfficeに読み込んだdocx文書では、通常目次は表示されたが、図表目次が表示されなかった
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】一太郎でdocx文書を読み込んだ場合は、通常目次と図表目次ともに表示されたが、リーダー線が消えてしまった。doc文書では無効だったリンクもdocx文書では有効だった。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!