今回は、画像、図形、SmartArtの互換性テストについてレポートしよう。

 画像・図形そのものの再現性も重要だが、周囲の文字との関係(周囲の文字の折り返し)も重要だ。これが再現できないと、画像・図形を含む文書のレイアウトがガタガタになるからだ。SmartArtに関しては、Office 2007からの新機能なので、再現性は低いと予想されたが、再現できればユーザーとしてうれしい機能だけにチェックしてみた。

画像の枠線はEIOfficeが好成績、全体的に再現性は低い

画像

チェック内容

 Wordでは、画像の周囲にさまざまな枠線を設定できる。そこで、画像の周囲に色・種類の異なる枠線を設定し、各ソフトでの再現性をチェックしてみた。

結果

ソフトdocxdoc
EIOffice△+△-
OpenOffice.org×△-
ThinkFree Write×
キングソフト Office 2010 Writer××
一太郎2010△-

解説

 最も成績がよかったのはEIOfficeだった。といっても、完全に再現できるわけではく、線種が部分的に異なった。また、キングソフトはdocx文書で枠線の色がすべて黒になったり、OpenOfficeはdocx文書で枠線がすべて消えてしまったりなど、全体的に再現性が低かった。

【docx】オリジナルのWord文書:画像に枠線を付けて再現性をチェックした
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】EIOfficeで読み込んだdocx文書が最も再現性が高かった。ただし、緑の点線のデザインがオリジナルと少し異なっているため△+とした
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】キングソフトで読み込んだdocx文書では、枠線の色がすべて黒になった
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】OpenOfficeで読み込んだdocx文書では、枠線が消えてしまった
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】一太郎でdocx文書を読み込んだ。線種・色の再現性は高いが、枠線が画像と重なってしまった。ThinkFreeも同様の表示になった
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!