今回は「表」の互換性チェックの結果をレポートする。ビジネス文書では表を利用することが多いため、特にビジネスシーンで互換ソフトを利用する際にはチェックしたいポイントだ。

表のサイズ・位置はOpenOfficeと一太郎が要注意

表のスタイル

チェック内容

 文字と表だけのシンプルな文書を作成し、再現性をチェックした。当初は表の縦横サイズだけをチェックするつもりだったが、表の配置や周囲の文字など、思わぬところにも違いが確認できた。

結果

ソフトdocxdoc
EIOffice
OpenOffice.org△-
ThinkFree Write
キングソフト Office 2010 Writer
一太郎2010△-△-

解説

 キングソフト、EIOffice、ThinkFreeの3本は、docx/docともに完全に再現できた。OpenOfficeもdoc文書は問題なかった。

 問題が感じられたのは、OpenOfficeでdocx文書を読み込んだ場合と、一太郎でdocx/docを読み込んだ場合だ。OpenOfficeでdocx文書を読み込むと、表とは無関係の文字が削除されてしまった。また、表の縦横サイズは維持されたが、表が左上に配置された。

 一太郎は、docx/docともに表が含まれる文書を読み込むときは、変換用のダイアログボックスが表示される。「Word互換罫線枠」を選ぶと、枠の中に表が作成され、「罫線」を選ぶと一太郎の罫線表が作成される。いずれも一長一短で、どちらがよいとはいいきれないが、いずれも再現性が高いとは言いがたい。

【docx】オリジナルのWord文書:文字と表だけのシンプルな文書だ
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】キングソフト、EIOffice、ThinkFreeはdocx/docともに表の縦横サイズ・配置を再現できた。画面はキングソフト
[画像のクリックで拡大表示]

【doc】OpenOfficeはdocxとdocで違いがある。doc文書であれば、ほぼ問題なく再現できる
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】OpenOfficeにdocx文書を読み込んだ。文字が削除されて、表が左上に移動した
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】一太郎では、表が含まれる文書を読み込むとき、docx/docともにこのような変換のダイアログボックスが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】「Word互換罫線枠」ボタンをクリックした場合は、枠の中に表が作成される。もとの表のレイアウトを維持したいとき選択する
[画像のクリックで拡大表示]

【docx】「罫線」ボタンをクリックした場合は、一太郎の通常の罫線表として読み込まれる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!